本サイトはプロモーションを含みます

兵庫県

ペリネイタルロス部

お空っこも 地上っこも ママも みんな幸せになってほしい

ペリネイタルロス部です

ペリネイタル=直訳して【周産期】

こちらは周産期(妊娠~出産直後)における
赤ちゃんとのお別れを経験したご家族の
心の支援の必要性を社会に啓発する部に
なります。

代表の池田も初期流産そして新生児死を
経験した当事者です。

私たちは「天使ママ」といわれています。
「天使ママ」とは、お空に赤ちゃんを持つ
お母さんのことを指し、
「♯天使ママ」とSNS上で発信することで
当事者同士が繋がるための
キーワードとして用いられています。

赤ちゃんの死は、目に見えない命のせいか
周囲にはその悲しみを理解されづらく
「公認されないグリーフ(悲嘆)」と
いわれています。
そして子どもとのお別れは「未来を失う」とも
いわれます。
思い描いていた未来を失いながらも、
お空にいる我が子たちから教わった命の尊さを
考えながら、懸命に日々を過ごしています。

そんな私たち「天使ママ」の心の状態や
お空の我が子への思いなどを発信することで
赤ちゃんを失うことへの理解が
広がっていくことを目的としています。

このページをご覧いただいた方自身が
ご経験されていなくとも、身近にこのような
悲しい経験をされたご家族がいらっしゃれば
情報をお伝えいただければと思います。

情報を伝えることも、支援のひとつです。

「赤ちゃんを失うこと」への理解が広がり
あたたかい社会となりますように。

学ぶ・体験する


活動レポート


私たちについて

「ひとりじゃないよ」

赤ちゃんを失うことは、思い描いていた
子どもとの未来を失うことです。
私たち当事者は、人生の中で一番の悲しい経験を
したと言っても過言ではありません。
ただ悲しい出来事であったのは
間違いありませんが、決して「可哀そう」とは
思っていません。
少しの間でも、私たちを家族にしてくれました。
幸せな時間も確かに存在しました。
「かなしい」とは「愛しい」とも表現されます。

妊娠・出産は奇跡です。
今こうして生きていることも、
奇跡の連続の積み重ね。
過去には戻れない。未来は想像できない。
だから「今」を大切に、自分を大切に
生きていけるように。
当事者ママも、そうでないママも、
みんなが幸せに生きていけるような
命についての発信をしていきたいと思います。

代表
池田優子
トギさん

活動内容

ペリネイタルロスについての情報発信や、当事者の声を届けます。
全国各地で活動しているピアサポートグループの一覧を掲示し、
必要な方に・必要なタイミングで繋がっていただけるようにします。
毎年10/9~10/15にある、国際的な啓発週間「Baby Loss Awareness Week」の
啓発シンボルである、ピンク&ブルーリボン運動を全国に広めます。

メルマガを登録する お問い合わせ